2017年度夏合宿 in 片品村【後編】

※この記事は夏合宿後編です。
まだ【前編】を読まれていない方は、そちらから読むことをおすすめします。


夏合宿3日目です。
心配していた台風18号も夜中のうちに通りすぎ、前半2日の天気が嘘のような綺麗な青空の朝でした。
それでも片品村の気温は22度ほど。絶好の稽古日和です。

少し眠たげな部員たち。ゆっくり朝食をとり、午前練習を始めました。
午前は基本動作、形を稽古しました。
3食きちんと食べている部員はとても元気が良く、
宿の方にお借りしたボールで休み時間にバスケをしていました。
しばし、自分たちの本業を忘れる瞬間です。


2017年度夏合宿6


午後の演武会に向けてのペア練習もしました。
さっきまでボールを操っていたとは思えないほどの真剣な眼差しと杖さばき。かっこいい。


2017年度夏合宿7


お昼のカレーを頂き、1時間程ペア練習をしたら、いよいよ合宿の成果を発表する演武会です。
初めて大勢の前で演武する1年生も大きな失敗なく終えることができました。
上級生も自分の好きな形、やりたい形を演武し、非常に満足そうでした。
各々のペアが今後の課題を見つけられたと思います。


2017年度夏合宿8


演武会後、緊張が解け、自然の中で笑顔がはじけます。


2017年度夏合宿9


演武会後は、少し時間があったので「だるまさんの1日」を皆でしました。
童心にかえり、遊ぶ平均年齢20.5歳。14人がポーズを決める姿は圧巻です。


2017年度夏合宿10


夕食をとり、しばらくしてから宴会が始まります。
粋な幹事の計らいで、就職の決まった4年生の先輩方のお祝いを秘かに計画していました。
クラッカーを突然鳴らされ、唖然とする4年生。
急いで用意したケーキを持って就職祝いの旨を伝えると笑顔がこぼれ、
一人ひとりからお礼とお言葉を頂きました。
少し涙腺が緩む下級生一同。


2017年度夏合宿11


この記事の筆者が疲れと猛烈な眠気で気絶するように寝たので、3日目はここで終了です。

最終日もとても良い天気でした。
しかし、部員はなかなか起きる気配がありません。
朝食の時間の8時ギリギリに起きた先輩曰く、
ボードゲームに熱中し、就寝するのが遅くなったようです。
遅く寝た部員たちはなかなか箸が進みません。今日程、睡眠の大切さを実感した日は無いでしょう。

最終日午前は、1時間に1本の上越線に乗るため、稽古できる程の時間がありません。
なので近所を流れる川に行くことに。爽やかな自然にしばし時間を忘れる部員一同。
思わず「帰りたくない…」と心の声が出る部員も。


2017年度夏合宿12


近所のお店の方からご厚意で頂いたスイカでスイカ割りもしました。
割るときも流石杖道部員。腰の入れ方が違います。
「突かば槍、払えば薙刀、持たば太刀」を体現するようなスイカ割りでした。
スイカは7人目でようやく割れました。甘くて美味しかったです。


2017年度夏合宿13


割れたスイカを持っていると蜂にストーカーされるので、走って宿まで帰りました。


2017年度夏合宿14


昼食を頂き、宿の方にお礼を言い、沼田駅へ向かいました。
名物の焼きまんじゅうを食べたりしてしばらく時間をつぶし、13時30分過ぎの電車に乗りました。
筆者は帰りの高崎線グリーン車の中で、安堵感と共に寂しくなりました。

上野東京ラインで東京駅に着き、丸ノ内の摩天楼を見上げると、いつも見慣れた風景でした。
数時間前まで自然の中にいたのが夢のようです。
しかし、合宿で杖道をし、固くなった手のひらのタコが、夢ではないと教えてくれます。
無事に夏合宿は終了しました。
この合宿で学んだ全てを、杖道に生かせるよう、これからも精進して参ります。

私たちが執行代の合宿は今回で終わりです。
参加部員全員が少しでも楽しいと思える瞬間があったら、とても嬉しく思います。
次からの合宿を率いていく2年生に期待を込め、バトンを託します。


2017年度夏合宿15


最後に、この合宿の企画を全て1人でしてくれた幹事の井田くん、
練習の指揮をとってくれた主将の飯山さん、本当にありがとう。
良い思い出ができました。

次の合宿も実り多いものとなりますように。そう願いつつこの記事を終わらせて頂きます。
長い文章にここまでお付きあい下さった皆様、ありがとうございました。
今後とも、杖道部をよろしくお願いいたします。


2017年度夏合宿16



法学部3年 勝部奈都子
スポンサーサイト

2017年度夏合宿 in 片品村【前編】

肌寒い夏にも、秋の気配が近づいてまいりました。
大学の夏休みが終わり、少し寂しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私たち杖道部は、9月16日から19日まで、群馬県片品村で3泊4日の夏合宿を実施しました。
片品村は福島県、新潟県の県境に接し、東京から約180㎞北に位置します。
大半の部員が初めて訪れる片品村で杖道修行スタートです。

1日目、東京はあいにくの曇りでした。
しかし電車に大きな遅延もなく、皆無事に上越線沼田駅に集合しました。
片品村はそこから車で一時間程です。
ここまでで最低でも2時間以上かかっている部員を出迎えたのは、360度の自然、自然、そして自然。
都内ではなかなか見ることのできない豊かな緑にしばし癒され、お昼を頂き、いよいよ稽古スタートです。


2017年度夏合宿1


初日は基本動作、太刀使い、形を稽古しました。
メリハリのついた稽古で気持ち良い汗を流しました。
美味しい夕食の後は花火をすることに。
三連休中に丁度日本を直撃する台風18号のせいで、
晴れる夜は1日目しかないかもしれないと宿の方に教えられ、急遽決定しました。


2017年度夏合宿2


川の近くでする花火はまさに青春。とても楽しかったです。
ここで合宿1日目は終了です。


2017年度夏合宿5


2日目は朝からあいにくの雨模様です。
暗い雨雲を吹き飛ばすような気合で稽古をしました。
午前は相対動作、形を主に練習しました。
午前練習が終わる頃には、私たちの気合が天まで届いたのか、雨は止んでいました。


2017年度夏合宿3


お昼の焼き鳥丼を頂いた後、午後の稽古が始まりました。
打ち込み、形を主に稽古しました。
打ち込みは合宿恒例となりつつある、攻めの打ち込みです。
30本×6セットは、ぬるま湯につかった現代人である私たちの筋肉を苦しめます。
このメニューを考えた主将も、終わる頃にはどことなく元気がありませんでした


2017年度夏合宿4


2日目の夜は部員皆で様々なゲームに興じ、大変盛り上がりました。
大きな失敗なく合宿の折り返しまで来れたことを感謝しつつ、就寝しました。
2日目はここで終了です。

3日目、最終日については近日公開する【後編】をご覧下さい。


法学部3年 勝部奈都子

第29回東京都杖道大会

みなさんこんにちは。
過ぎ去りし7月16日、私たちは巣鴨学園ギムナシオンにて行われた、
東京都杖道大会ならびに東京杖道祭に参加させて頂きました。

試合中はどの組も全身全霊で戦いに臨み、その気迫たるや普段の練習をはるかに超えるものであり、
各々が日々の研鑽の成果を中々に発揮できたのではないでしょうか。
しかし、それでも十全というわけではなく、私自身至らぬ点があり、次への課題がまた出てきました。
勝っても驕らず、負けても凹まず、次に今回の結果を活かせたらと思います。

また、杖道祭を含め普段からご指導を頂いている師範の方々の演武や、
併伝武術を拝見することができ非常に感激いたしました。

試験も近く、猛暑の中、大会に参加なされた方々、本当にお疲れ様でした。


文学部2年 平川隼

第53回千葉県剣道演武大会

日の入りの時間も延び、上着のいらない暑さの日も増えてきました。
新緑も美しい今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私たち杖道部は、4月23日、千葉県剣道連盟主催の剣道演武大会に参加させて頂きました。
去年にひき続き二度目の参加で、今年は7名の部員が参加しました。

朝、千葉駅に集合し、モノレールに乗り換え、会場を目指します。
なかなか都内では乗ることのないモノレールに私たちはワクワクです。
ゆっくり車窓を楽しんでいると、あっという間に到着しました。

最寄り駅から少し離れた場所に会場はあります。
試合前の高校球児たちを横目に歩いていきます。


千葉県県道演武大会2017


演武前、二時間程稽古をしました。
剣道の方、居合道の方と同じ稽古場で練習したので、剣道と居合道を間近で見ることができました。
それぞれの武道に、改めて良さを実感しました。

一通り稽古が終わると、演武会場へ移動しました。
会場は去年と同じで、一年前の自分よりどれほど成長できたか、しばし思いを馳せる部員もいました。
演武順は、立身流居合、居合道、杖道の順です。
立身流居合も居合道もいずれも華麗で美しく、しばし演武の緊張も忘れ、見惚れてしまいました。

いよいよ杖道の番になり、私たちは形を5本演武しました。
ほどよい緊張感の中で、大きな失敗もなく、演武を終えることが出来ました。
各々演武をする中で、今後の課題を見つけられたと思います。

演武の後は、美味しいお弁当を頂きました。
そして、行きと同様、モノレールで帰りました。
天気に恵まれ、心地よい疲労を感じつつ帰路につきました。

私たち三年生は、残りの杖道部の活動も少なくなってきました。
それぞれが悔いのないよう、さまざまな活動に参加していきたいと思います。


法学部3年 勝部奈都子

追い出しコンパ

去る3月11日、卒業する4年生の先輩方を祝うべく、
追い出しコンパが行われました。

会場においてはOB・OGの方々、3年生の先輩方もお集まりくださり、
4年生の先輩方とのご歓談を楽しんでいらっしゃるようでした。

二次会では先輩方に色紙と記念品をさしあげました。
記念品に関しては何をさしあげるか皆で悩み悩んで選んだものだったので、
喜ばれる様子を見て非常に安心しました。

先輩方からはこれから部を率いていくこととなる私たち2年生に対する激励の言葉もいただきました。
いまだ未熟な面が目立つ私たちはお言葉に大変感激するとともに、
偉大な先輩方の後に続けるよう成長せねばならないと身の引き締まる思いでした。
これからはより奮起して部の更なる発展に貢献すべく努力する所存です。

4年生の先輩方、ご卒業おめでとうございます。
先輩方にはたくさんご迷惑をおかけし、またたくさんお世話になりました。
卒業されてしまうのは寂しいことですが、
胸の片隅にでも杖道部の思い出を置いてくださるとたいへん嬉しいです。
先輩方のますますのご活躍をお祈りしております。


文学部2年 林百華

検索フォーム

プロフィール

明治大学杖道部

Author:明治大学杖道部
こんにちは、明治大学体同連杖道部です。
少人数ではありますが上下関係も緩めで部員皆の仲が良く、
また歴史ある部なので卒業生の方々とも睦まやかに練習に励んでいます。
ホームページはこちら

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ